渡嘉敷島 慶良間諸島で最大の島で何を見るべきか?

沖縄本島から西に40kmの位置ににある慶良間諸島。

慶良間諸島とその海域は、2014年「慶良間諸島国立公園」に指定されました。

国立公園の指定は、世界自然遺産登録のための布石だと言う話もあります。

慶良間の世界でも有数な透明度の海には、サンゴの群生があり、そこに集まる豊富な海洋生物を目当てにダイビング、シュノーケリングが盛んな島々です。

また冬には多くのザトウクジラが子育てのために集まるので、ホエールウォッチングのメッカにもなります。

その慶良間諸島の中で最も大きな島が渡嘉敷島です。

渡嘉敷島には、那覇泊フェリーターミナル”とまりん”から渡嘉敷島村が運営をしているフェリーで行きます。

渡嘉敷島フェリー時刻表

フェリーは通常のものと、高速艇の2種類があります。

高速艇だと那覇泊フェリーターミナルから、なんと35分で渡嘉敷島に行けます。

参考:沖縄本島 離島への入り口 とまりん

さっきまで那覇のビルが立ち並ぶ都会にいたのに、35分後には渡嘉敷島って、すごく不思議な感じがします。

ただフェリーは夏は爆発的な人気なため、大変込み合います。

特に夏の午前中の便に乗りたいのであれば、予約は必須です。

渡嘉敷島フェリー予約

島内の移動は、徒歩やレンタサイクルは厳しいので、レンタルバイクかレンタカーをお勧めします。

参考:沖縄離島 自転車で回れる離島、回れない離島<沖縄本島からフェーリーで行ける離島編>

そんな渡嘉敷島で、これは見ておくべきと思うスポットを紹介します。


 

阿波連ビーチとクバンダキ展望台

国内の各ビーチランキングでは、上位にランキングされる事の多い、慶良間諸島を代表するビーチです。

透明度の高い海水と、きれいな風景。

シーズン中は、SUP、シーカヤック、グラスボート、いろいろなアクテビティも体験できます。

阿波連ビーチの西端にはクバンダキ展望台があります。

岩のトンネルをくぐり、進んでいくとクバンダキ展望台があります。

クバンダキ展望台からは、阿波連ビーチが一望で見渡せる絶景が楽しめます。

渡嘉敷港から阿波連ビーチまでは、バスが走っているので、こちらで移動も可能です。→渡嘉敷観光バス

とかしく(渡嘉志久)ビーチ

山に囲まれた、白い砂がどこまでも続くとかしくビーチ。

阿波連ビーチに比べ、観光客が少ないため、とても静かなビーチです。

ここはウミガメの遭遇率が高い事でも有名です。


 

西展望台

渡嘉敷港のある集落から、車で10分程の赤間山の上に「国立青少年交流の家」があります。

この中に入っていいのか少しためらいますが、中に入って行くと西展望台があります。

目の前に慶良間の島々が見渡せる絶景が広がります。

特に慶良間の島々の向こう側に夕日が沈む風景は見る価値ありです。

阿波連崎展望台

阿波連ビーチから車で15分程。

島の最南端に阿波連園地があります。

阿波連園地入り口から10分程歩いた場所に、阿波連展望台はあります。

断崖絶壁の上から見える風景は、絶景です。

 
紹介は以上になります。

よかったら旅行記も見てみて下さい。→渡嘉敷島への旅 ~その1~