沖縄は長寿の県。なのか?

なんとなくですが、私は沖縄と言えば長寿の方の多い県というイメージを持っていました。

また結構な年齢のおじぃ、おばぁが元気に店先に立っているのをよく目にするので、沖縄の老人は元気だなぁとも思っていました。

そのイメージは概ね正しく、厚生労働省が5年ごとに発表している平均寿命の調査では、沖縄県の男性の平均寿命は県別ランキングで

1980年、1985年は1位。

1990年5位、1995年4位

とトップクラスの成績で、女性に至っては、1975年から2005年まで、30年間に渡り不動の1位でした。

1995年は県により、世界長寿宣言までされています。


 
ところが沖縄県は、2000年に「26ショック」に襲われます。

前回1995年の調査では、4位であった男性の平均寿命が、26位まで一気に下がったのです。

2010年には今度は「330ショック」です。

不動の1位だった女性の平均寿命が3位に転落。

また男性の平均寿命は、30位まで転落します。

最新の2015年のランキングは、女性7位、男性36位と、更に順位を下げています。

女性の7位は良しとして、男性の36位という順位は、もはやかつての長寿県の面影はない。と言っても良い順位です。


 
順位を落としてしまった原因は、全国でも上位に入る酒の摂取量、脂分の多い食事で肥満の人が多く、成人病で若く(30代~50代)して命を落とす人が多い事にあるようです。

沖縄ではどこでご飯を食べてもサービス精神が旺盛で、量が多めでつい食べ過ぎてしまいますので、そんなことも一要因になってるのかと。。

また車社会で歩く習慣がなく、運動不足も肥満の要因だと言われています。

沖縄は暑くて歩くのも嫌になりますので、ついどこでも車で行ってしまいがちなんですよね。

沖縄県でも、26ショック、330ショックを受けて、「健康おきなわ21」など県民の健康促進に向けた取り組みを結構大規模に行っています。

沖縄のテレビ局である、RBC放送局でも「RBCおきなわ健康長寿プロジェクト」というプロジェクトを発足して健康促進に取り組んでいるのですが、そのCMのバカバカしさが面白くて沖縄では話題になっていました。

 

 

 

 
沖縄県では、2040年に平均寿命日本一を目標にしているようです。

来年2020年には新しいランキングが発表されます。

県の取り組みの効果が現れると良いですね。

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ