秘境西表島では何を見るべき?

石垣島からフェリーで50分程で行く西表島。

交通の不便さからもなかなか行けない離島のひとつです。

島の90%はジャングルで覆われています。

そんな西表島を楽しむためには、何を見たらよいのでしょうか?

ピナイサーラの滝、ナーラの滝などジャングルを歩く人気のツアーもありますが、今回は手軽に個人で楽しめるおすすめスポットを紹介します。

浦内川

広大なマングローブ林に囲まれた浦内川。

おそらく多くの方が抱いている西表島のイメージはここ浦内川ではないでしょうか。

浦内川を楽しむには、浦内川観光の浦内川ジャングルクルーズがあります。

ボートに乗り浦内川を8キロ、30分程上流に上がってどんどん上がって行きます。

川の両側にマングローブ林やジャングルを見ながら、進んで行くとワクワク感がとまりせん。

ボートはやがて上流の船着場に着きます。

体力に余裕のある方は、そこから片道40分ほどジャングルの中を歩いて行けます。

多少上り下りはありますが、そんなにきつい坂はありません。(夏は暑いできついですけど・・・)

歩いて行くと、マリユドゥの滝、さらに奥にはカンピレーの滝があります。

マリユドゥの滝は日本滝100選にも選ばれている滝です。

カンピレーの滝では、川岸に腰を下ろし、ジャングルの中を勢いよく流れるカンピレーの滝を間近で見ることができます。

また浦内川観光ではカヌーのレンタルもあります。

カヌーでゆったりと浦内川を漕いで行くのも気持ち良いです。

6月から8月は川辺に咲くサガリバナが、川面にうかぶ様子を見るツアーも人気です。

南風見田の浜

県道215号線を東に行き、仲間川を渡り大原集落を抜け、さらに先に進むと215号線の終点が南風見田の浜です。

どこまでもつづくビーチと、ダイナミックな西表島の山が見ごたえがあります。

海水浴には向いていないようで、シャワートイレなどの施設もなく、海水浴客はほとんどいません。

ピークの時期でもプライベートで風景を楽しめます。

南風見田の浜の東端には、忘勿石(わすれないし)があります。

沖縄戦の際、波照間島の島民の方が西表島に強制疎開させられ、そこで多くの方がマラリアにかかり命を落としました。

その出来事を忘れないために、波照間国民学校の校長先生が、波照間島の見えるこの場所にあるこの石に文字を刻んだのです。

※南風見田の浜は、私の個人的に好きなビーチランキング2位です。→沖縄個人的に好きなビーチランキング


 

船浮集落とイダの浜

船浮集落は、西表島のメイン通りである県道215号の西側の終点白浜まで行き、そこから船で行かないとたどりつけない秘境です。

静かな秘境感たっぷりの集落です。

また集落から10分ほど西に歩いて行くと、イダの浜があります。

本土からだと、那覇空港を経由し石垣島まで飛行機で行き(石垣まで直行便で行く方もいると思いますが)、そこから石垣島のフェリーターミナルに行きフェリーに40分乗り西表島へ。

そこからレンタカーで白浜まで行き、またフェリーで船浮へ。

さらに歩いてやっとたどり着けるという、秘境にもほどがあるビーチです。

このイダの浜は、こんなに秘境にあるにも関わらず、2018年トリップアドバイザーの日本のビーチランキングで6位に輝きました。

トゥドゥマリの浜の夕日

トゥドゥマリの浜は、上原港からほど近く、星野リゾートが経営する、ニライカナイリゾート西表島のすぐそばにあります、

西向きのビーチで、目の前いっぱいに広がる海に沈む夕日が見られます。

星砂の浜の日の出

トゥドゥマリの浜からほど近い場所にあります。

ここに(ここだけじゃないかもしれませんが)朝日を見に来る人は少ないのです。

人気のない浜で見る朝日は、神聖な気分を味わえます。

紹介は以上です。

よかったら黒島・鳩間島・西表島の旅行記もご参照ください。
八重山諸島を巡る旅 1 黒島・鳩間島・西表島

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ