波照間島 日本最南端の島 飛行機で行けるようになる?

2019年9月19日

日本最南端の島ってご存知でしょうか?

小学校の頃、沖ノ鳥島と習いました。

沖ノ鳥島は小笠原諸島の無人の島です。

一般の人は上陸する事は出来ません。

人の住んでいる、日本最南端は、沖縄県にある波照間島です。

波照間島は、一周14キロほどの島でわりと平坦なので、自転車でも回れます。

自転車では、3時間もあれば一周できます。

もちろんレンタカー、レンタバイクもあります。

波照間島の北西にある、北浜(ニシ浜)は人気のとても美しいビーチです。

(なぜ北なのにニシと読むかは、こちらを参照→沖縄の東西南北

私が行ったことのある沖縄各島のビーチの中でも、一番のお気に入りのビーチです。


 
集落は港から離れた場所にあります。

そのためか、とても静かでのんびりとした集落です。

集落には昔ながらの赤瓦の家が多いです。

以前、ビフォーアフターで、この集落の赤瓦の家が登場した事もあります。

集落を一歩出ると、延々とさとうきび畑が広がります。

また波照間島には日本最南端の島なので、日本最南端の碑があります。

波照間島にきたら外せない観光スポットですね。

そんな波照間島ですが、行くとなると結構大変です。

石垣島からフェリーで行くのですが、高速艇で60分、カーフェリーで90分です。

外海を通るので、船がとても揺れるのです。

私は高速艇で行きました。

私は船酔いをしたことはほとんどなく、結構船に強い方だと思うんですが、波照間島の高速艇はきつかったです。

海の上を石切りの石のようにビュンビュン進むので、揺れがハンパないんです。

もうダメだぁ、と思った頃、なんとか波照間島に着きました。

港には、宿のおばさんが迎えに来ていたのですが、「今日は波が穏やかだったから、よかったさぁ」と言われました。

穏やかじゃない時ってどんなんなんでしょう?

カーフェリーも、結構揺れるそうです。

時間が長い分、つらいかも知れません。

また揺れもハンパないですが、欠航率もハンパないです。

年や月にもよりますが、欠航率50%を超える月もあります、

特に12月、1月の欠航率は高いです、


 
この行くのが大変な波照間島に、最近嬉しいニュースがありました。

波照間島に飛行機の定期便就航の話があるのです。

航空会社はスカイサンタアビエーションという会社で、2021年9月就航を目指しているようです。

波照間島には以前石垣島からの飛行機の運行がありました。

エアードルフィンという航空会社でした。

しかしこのエアードルフィンは、2008年に運行を停止(のちに破産)。

以来、定期便の就航はありません。

2021年の就航が実現すると、13年ぶりの定期便就航となります。

波照間島への定期便就航の夢が実現するといいですね。

楽しみです。

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ