奄美大島・加計呂麻島 旅行記<5> 4日目最終日

2019年9月19日

4日目、最終日

今日もいい天気です。

最終日の今日は、15:05発のJAL東京行きで帰ります。

まずは奄美空港にほど近い、あやまる岬に行きました。

ホテルのある名瀬からは、1時間程かかります。

国道58号を通り、奄美大島の東の方に走ります。

そういえばこの国道58号線は、沖縄本島とつながっているんですよね。

過去記事:国道58号 うちなんちゅにとって特別な道路

いつも沖縄で走り慣れている国道58号なのに、奄美大島にいるってなんか変な感じがします。

あやまる岬が近づいてきました。

海岸沿いにすごい数のソテツがあります。

これだけの群生は、初めてみました。

ソテツの群生を抜けるともう、あやまる岬です。


 
あやまる岬からの眺め。

絶景です!

奄美大島にきたら、ここは外せない場所だと思います。

さて、次はあやまる岬から車で5分程の場所に、土盛海岸があったのでちょっと寄ってみます。

ちょっと潮が引いてしまっているので、岩が出ており、ごつごつさが見えてしまい見栄えが悪かったですが、綺麗な海岸です。

10月ですが、泳いでいる人も結構います。

土盛海岸を出て、次は奄美パークを目指します。

ここにある田中一村美術館に行こうと思っているのです。

田中一村は、栃木県生まれですが、奄美大島を愛し、晩年はここに住み着いて絵画活動を行っていた画家です。

日本のゴーギャンという呼び名を持っていますが、売れたのは亡くなってからで、存命中は生活にも苦労されたようです。

たまたま田中一村生誕110祈念の特別展示も行われており、普段は見れない貴重な絵も見れてラッキーでした。

田中一村美術館の後は、奄美大島の郷土料理、鶏飯の老舗「みなとや」に行きました。

「みなとや」鶏飯発祥の店でもあります。

鶏飯は奄美大島にきたら是非とも食べてみたい食べ物でした。

それが発祥の店でたべられて幸せです。


 
この後空港に行く予定だったのですが、少し時間が早いので、みなとやからほど近い、蒲生公園展望台に行く事にしました。

入り口をくぐって歩いて行くと・・・

展望台に到着です。

うーん、素晴らしい眺めです。

ここ、おススメですね、

来てみてよかった。

さあ、そろそろ空港に向かわないと。

今回の旅は台風で半日潰れてしまった事もあり、時間が無く行けなかった所が多く、心残りの多い旅になりました。

またチャレンジしたいと思います。