奄美大島・加計呂麻島 旅行記<4> 3日目後編

2019年8月13日

3日目 後編

加計呂麻島西阿室集落を後にして、武名集落にある、武名のガジュマルを見に行きます。

武名集落までは車で20分程です。

武名集落に到着しました。

集落の目の前の海の眺めが素晴らしいです。

ここから集落の奥に歩いて行くと、武名のガジュマルがあるようです。

武名のガジュマル。

ありました。

凄い大きさです。

あまりに大きすぎて、カメラにおさまらない程です。

このガジュマルのある武名集落の雰囲気もいいですね。

武名のガジュマルは、過去記事でも紹介しています。

おすすめのガジュマル-番外編

さて、そろそろ帰りのフェリーの時間がせまって来ました。

瀬相港まで戻ります。

本当は時間があれば、せめて実久海岸まで行きたかったのですが・・・

瀬相港のフェリーターミナルのそばにあるお土産屋で、お土産を選びつつフェリーを待ちます。

加計呂麻島、とても気に入ってしまったので、今度は加計呂麻島メインで、また来たいです。


 
14:45、古仁屋港行きフェリーで、奄美大島に戻ります。

実は加計呂麻島では、昼食を食べる時間が無く、食べる所も見当たらないので(よく探してはないですけど・・・)昼食を食べていません。

古仁屋港のターミナルにあるレストランに寄ってみたのですが、もう営業時間を過ぎていて入れませんでした。

しょうがないので、近くのA-CORPでお弁当を買って車の中で食べました。

さあ弁当を食べ終わると、高知山展望台に向かいました。

展望台からは、先程までいた加計呂麻島が綺麗に見れます。

古仁屋の街も一望です。

さっきまであそこにいたなんて、ちょっと不思議な気分です。

高知山展望台を後にして、今度は油井岳展望台に行きます。

展望台のハシゴです。

油井岳展望台に向かい、山道を登って行くと、がーん。

通行止でした。

安脚場戦跡公園に続いて、本日2回目の通行止。

ついてないです。

今度は、今日最後の観光地、宇検村の宇検バス停のガジュマルを見に行きます。

以前JAL機内誌に、このガジュマルが出でいて、一目惚れしてしまい、どうしても見に行きたかったのです。

宇検村までは、結構距離があります。

車で1時間程かかるようです。

奄美大島って、やっぱり大きな島ですね。

日が暮れる前にガジュマルを見たかったので、急いで移動します。

宇検村に到着。

日が落ちる前にたどり着きました。

アランガチの滝があるようなので、ちょっと寄ってみました。

のどかな集落のハズレにアランガチの滝がひっそりとありました。

そこからすぐの場所に・・・

宇検バス停のガジュマルです。

こちらのガジュマルも以前の記事でも紹介しているガジュマルです。

おすすめのガジュマル-番外編

ケンムンもバス停の屋根で休んでいます。

ケンムンは、ガジュマルに住む奄美大島に伝わる妖怪です。

沖縄にもキジムナーという、ガジュマルに住む妖怪がいると言われていますが、それと同じ感じなのでしょう。

う~ん。

バス停に覆いかぶさる様なガジュマル。

憧れの宇検バス停のガジュマルを見れて感激です。

宇検村を引き上げる時、ちょうど夕日が沈むところでした。

今日も盛りだくさんだった1日が終わります。

<5>4日目へ続く Comming soon

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ