気をつけて!滑りやすい沖縄の道

沖縄でタクシーに乗っていた時の事です。

ゆいレール古島駅のあたりにタクシーを止めてもらったのですが、その瞬間、キキーッとブレーキ音がし、結構なスピードで横をすり抜けて行った車がコントロールを失い、前を走っていた車に激突して、スピンし一回転して停車しました。

スピンした車の運転手も、ぶつかられた車の運転手も車を降りてきましたので、大したケガはなかったようです。

タクシーは急停止したわけではないのですが、止まっているタクシーに気づくのが遅れて、急ハンドルを切ったのでしょうか?

それにしても、車のスピン、初めて見ました。

この事故も関係しているのかわかりませんが、実は沖縄の道路は滑りやすいのです。

言われないとわからないですが、沖縄に行ったら道の色を見てみてください。

本土の道より白いです。

本土では一般道の舗装は、アスファルトがほとんどです。

アスファルトはグレーですよね。

しかし沖縄では本土で使うアスファルトはほとんど使いません。

アスファルトは気温が高いと、柔らかくなってしまいます。

沖縄の日差しは強烈です。

アスファルトだと道がクニャクニャになっちゃいますよね。

そのため沖縄では道路には、コーラルリーフロックというものを使います。

コーラルリーフロックは、珊瑚の死骸が原料の石灰岩です。

石灰岩なので、色が白いんです。

また本土と同じ材料で道を作ると、材料の調達に輸送費がかかり、コストが増えてしまいます。

でも、コーラルリーフロックなら県内で簡単に手に入るので、コストも抑えられます。

ただやはりアスファルトと比べると、硬いので滑りやすいのです。

そのため沖縄でレンタカーで観光する際は、注意が必要です。

スピードは控えめに。

特に雨の日は特に注意です。

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ