沖縄の天気予報 当たらない事で有名です

予定していた沖縄の旅行がもうすぐになり、気になる天気を天気予報でチェック。

旅行の期間に雨や曇りの予報だと、気分も下がりますよね。

でもガッカリするのはちょっと待ってください。

沖縄の天気予報は当たらないことで有名です。

先の予報になればなるほど、予想は当たらないです。

1週間前の予報では雨だったのに、前日の予報では晴れになっているなんて事もよくあります。

沖縄の天気予報は何故あたらないのでしょうか?

沖縄は海に囲まれているため、雲ができやすく天気が変わりやすくと言われています。

そのため予想しにくいのだと・・・

雲がもっとできると思っていたのに、意外と少なかったり、その逆だったりという事ですね。おそらく。


 

また沖縄を除く日本は温帯気候です。(鹿児島の離島、東京の小笠原諸島を除くとですが。)

沖縄は亜熱帯気候です。

なので日本の天気予報は温帯が前提となっています。

これを亜熱帯気候の沖縄に当てはまるのに無理があるんではないかと思います。

例えば、降水確率は1日に1mm以上の雨が降る確率です。

沖縄では、ずーと晴れていたのに、夕方少しの時間だけ、スコールでザーッと雨が降る事があります。

天気予報で明日の降水確率100%と言われると、一日中雨が降っているイメージがありますが、この一日中晴れていたのに、スコールが来ると、降水確率100%が当たったという事になります。

沖縄で天気の悪い日は、冬(12月下旬~2月)、梅雨(5月中旬~6月下旬)、台風接近の日です。

ざっくりいうと、それ以外の時期は一日中雨という日はありません。

感覚的に、晴れの予報だと1日ほぼ晴れている事が多いと思います。

曇りや曇り後雨、曇り一時雨、は怪しいです。

全く雨が降らない日もありますし、それどころかカンカン照りの晴れの日も多いです。

なので沖縄への旅行前に、旅行当日の天気を確認して曇りだったり、雨だったりしても、あまり気にしないのが良いです。

ただしやはり天気の悪い時期、冬(12月下旬~2月)、梅雨(5月中旬~6月下旬).台風接近の日は、曇りや曇り後雨、曇り一時雨、の予報も当たる事も多いですね。

どうしても天気が気になるという方は、これらの時期を避けて旅行するのがいいでしょう。

でも雨の多い時期、特に冬は旅行の価格も安いですし、観光客も少なく観光しやすく魅力的な所もあります。

(過去記事:沖縄の冬の観光について参照してください)

そんな時期にチャレンジして観光するのもいいと思います。

あくまでも、天気予報は参考程度に・・・

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ