与那国島 どぅなん 旅行記 3日目&最終日

与那国島 旅行記 3日目

今日は朝、早起きをして、最西端の与那国島だからこその、日本で最後に見える朝日を見に、島の最東端の東崎(あがりざき)に行きます。

東崎は1日目も行った場所です。

だんだん辺りは、白んできています。

日本で今日最後の朝日です。

東崎では、いつの時も与那国馬が草を食んでいます。

日が昇ると、あっというまに、暑くなってきました。

今日も猛烈に暑くなりそうです。

ひとまずホテルに戻ります。

ホテルまで戻る途中、六畳ビーチがありました。

その名の通り、小さいビーチですが、水がメチャメチャ綺麗です。

ビーチまで行ってみたいと思いましたが、あまり暑さで、ここを登り降りするのは無理と思いやめました。

与那国島最大の集落、祖納を通ってホテルに戻ります。

祖納集落からは、ティンダバナ(ティンダハナタ)がそびえ立っているのが見えます。

このティンダバナは、国の名勝にも指定されている、与那国島自慢の景勝地なんです。


 
ホテルで朝食を済ませると、与那国町伝統工芸館に行きました。

ここでは与那国島に古くから伝わる伝統工芸、与那国織の機織りが見学できます。

係の方に、与那国島織の製造過程を丁寧に説明していただきました。

貴重な与那国織の生地の販売もしています。

昼食の時間になったので、今日は比川集落にある、わかなそばに行きます。

が、なんとわかなそば休みでした。

人気のそば屋なんで楽しみにしてたんですが、、、

仕方ないので、比川集落から久部良港にある、海人食堂に向かいました。

海人食堂は昨日も行ったのですが、カジキ丼が美味しかったので、今日も行くことにしたのです。

途中、面白い形の植物を見かけました。

これ、なんだかわかります?

バナナの花です。

久部良港に到着。

港ではちょうど沢山の魚が水揚げされていました。

水揚げされた魚のすぐ横にある海人食堂で、2回目のカジキ丼をいただきました。

お腹がふくれたところで、また一旦ホテルに戻ります。

ほんとうに暑くて、一日中観光するのがきついんです。

しかしせっかく与那国島にいるので、休んでばかりはいられません。

しばし休息し、今度はダンヌ浜にシュノーケリングに行くことにしました。

ビーチの入り口は、まあるくなっていて、こんな風に見えます。

ダンヌ浜、魚はまあまあいたのですが、近寄るとみんな逃げていきます。

あんまり人に慣れていないんでしょうか。

1時間近くいたのですが、最後までここの魚たちとは仲良く慣れませんでした。

さあ、今日も夕日の時間がせまってきました。

今日は、1日目に行った西崎(いりざき)で夕日を見ます。

西崎には、結構人が集まっています。

あちこち回っている時には、ほとんど観光客を見かけなかったのですが・・

3回目の日本で最後の夕日です。

今日は与那国島最後の夜です。

国境(はて)という居酒屋さんで、与那国島最後の夕食を味わいます。

海産物がおいしく、お寿司なんかもあり、おいしくいただきました。

与那国島、最後の夜はこれで終了です。

翌朝、4日目・最終日

ついに与那国島を後にする時が来てしまいました。

11:15発那覇行きで帰ります。

暑さにはまいりましたが、充実した旅になったと思います。

いつの日かまた来たいです。

 

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ