与那国島 どぅなん 旅行記 1日目

2019年7月12日

2017年8月、与那国島に行ってきました。

与那国島は、多くの方がご存知だと思いますが、日本最西端の島です。

他の島々から遠く離れた与那国島は、海が荒れ、渡る事が困難であったことから、”どぅなん(渡難)”の呼び名を持っています。

東京から石垣島に行き、1泊して朝の便で与那国島に移動し、与那国島に3泊し、那覇経由で東京に戻りました。

前後の石垣島、那覇は抜かした、与那国島の部分だけの旅行記です。

日程は、
<行き>
10:20 石垣発 10:50 与那国着

与那国島に3泊し

<帰り>
11:15 与那国発 12:35 那覇着

です。

石垣空港から与那国行き飛行機に乗り込みます。

西表島を通過し・・・

与那国島が見えて来ました。

与那国空港に到着です。

長らく行きたいと思っていましたが、なかなか行けなかった与那国島に到着し、感無量です。

空港内には、与那国島が舞台となったドラマ「ドクターコトー」の写真が展示されてます。

私は「Dr.コトー診療所」見たことなかったのですが、この旅行が決まってから、レンタルビデオ屋で借りて全部見てきたのです。

「Dr.コトー診療所」をみたおかげで、与那国島が、一層楽しめた気がします。

空港で、レンタカーを借ります。

宿泊先のホテルが空港の近くだったので、ますチェックインし、荷物を置きます。


 
今までも沖縄を旅行し、暑い思いをしてきましたが、今日はこれまでの暑さが比じゃないくらい、猛烈な暑さです。

与那国島が暑いのか、今日が特別暑いのかよくわかりませんが・・・

それでも暑さに負けているわけにはいかないので、車で出発です。

まずは島の西側からまわり、南側の道を行き、立神岩、軍艦岩を見て、島の東端の東崎(あがりざき)まで行こうと思います。

島の西側まで行くと、久部良港がありました。

港からは、日本最西端の西崎(いりざき)が見えます。
(左に見える崖の上の丘です)

ここ久部良港は、Drコトーで泉谷しげるの演じる、しげさんが働いていたとこですね。

久部良港を南に上がったすぐのところに、与那国馬がいました。

与那国馬は、日本の在来種で、ここにいるのは野生の馬です。

見れたらいいなぁと思っていたのですが、こんなにすぐ会えるとは・・・

与那国馬は普通の馬より小ぶりです。

馬と別れ、先を進むと比川集落に出ました。

お腹が空いていたので、楓食堂で、沖縄そばをいただきます。

比川集落を過ぎると、雄大な眺めの道が続きます。

この道、コトー先生がドラマのエンディングで、中島みゆきさんの”銀の龍の背に乗って”にのって、自転車で走ってる道です。

この道をしばらく行くと.立神岩に到着です。

海、メチャメチャ濃い青です。

水も透明ですね。

いやあ、すごいなぁ。

軍艦岩も車ですぐのところにありました。

軍艦というより潜水艦に見えます。

そして東崎に到着。

ここにも与那国馬がいます。

青い海と与那国馬、とても映えますね。

これでもう、島の3/4くらいまわりました。

思ったより、島は小さいです。

猛烈な暑さでへばってしまったので、一度ホテルに帰ります。

売店でアイスを買ってしばらく休みました。

体力が少し回復すると、今度は久部良港のそばにある、ナーマ浜ビーチにいきました。

ここでシュノーケリングをするのです。

うーん、サンゴや魚は少なかったですね。

日が沈む時間になってきたので、ナーマ浜からからすぐのところにある、西崎の展望台に向かいます。

ここで世界最南端の夕日を見るのです。

西崎に到着。

日本最西端の碑がありました。

台湾が見えることもあるようですが、残念ながら今日は見えません。

日本で最後に落ちる夕日です。

その後、祖納集落にあるどぅーらんで夕食をいただきました。

与那国島名物、かじきの刺身など沖縄料理でお腹いっぱいになり、1日目は終了です。

 

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ