ちょー絶景!伊良部島 三角点

2019年6月18日

2015年に伊良部大橋が開通し、宮古島から車で行けるようになった伊良部島。

その橋のおかげで観光客が激増し、今や地価が橋開通前の500倍に跳ね上がるというバブル景気に包み込まれているようです。

この伊良部島に、ちょー絶景ポイントがあります。

それは三角点です。

三角点では断崖絶壁の上から、海を見渡せます。

視界を遮るのもは何も無く、180度見渡す限りに海が広がるのです。

三角点の名前の由来は、三角測量に用いる際に基準になる点、三角点がそこにあるからのようです。

ガイドブックには載っていないことが多いようなのですが、元々島の人の間では有名な場所で、それがネットや口コミで広まり、今では人気のスポットです。

私が初めて宮古島を訪れたのは、2016年8月。

その時はその存在を知りませんでした。

その存在を知ったのは、「Rの法則」という番組です。

(有名なアイドルグループのあるメンバーの事件の舞台となり、その事件のため終了してしまった番組です。)

宮古島の高校生が、絶景ポイントとして、ここにレポーターを案内したシーンがあり、テレビを通しても、そのちょー絶景ぶりが伝わって来ました。

当時は三角点なんて名前だとは知りませんでした。(名前もついていなかったのかも)

録画していたテレビの映像を、何度もみて、GoogleMapで大体の場所を特定し、今度宮古島に行った時に絶対行こうと思っていたのです。

そして2018年8月、再び宮古島に行く事なり、その場所を再度確認しようと思いGoogleMapを開くと、何と正にその場所に「三角点」と表示されているではないですか。

今までは何の表示もなかったのに・・・


 
そして宮古島に着いた当日、宮古島でレンタカーを借り、すぐに伊良部島まで行きました。

GoogleMapでは表示されているものの、わかるか不安だったのですが、すぐにわかりました。

三角点の付近には、5台程車が止まっていたのです。

しかも中国系観光客の、団体を乗せた大型のワゴン車までありました。

ほんと今や人気スポットなのですね。

三角点に行くには車を止め、雑草の茂みを30メートル程くぐって行かなければなりません。

茂みには人の通った後があるので、車道からでもすぐにわかります。

雨の後は茂みの中には水たまりもできるので、靴が汚れること必至です。

茂みを抜けるとほら、

息を飲む程の絶景が視界いっぱいに広がります。

ただこの三角点、気をつけなければいけない事があります。

崖の上の狭いスペースなので、とても危険です。(だからガイドブックには載らないのかも、、)

転落防止の柵もないんです。

5、6人でいっぱいになってしまう感じですかね。

私か行った時も、既に2.3人の人がいて、入れ替わりでどんどん人がやって来ました。

行列が出来る程ではなかったのですが、常に満員な感じでした。

伊良部島のちょー絶景ポイント、三角点。

崖っぷちには近づかないよう注意して、絶景を楽しんでください。

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

宮古島

Posted by heepkun