津堅島への日帰り旅 その2

2019年9月12日

ヤジリ浜についてから、ヤジリ浜とタナカ浜はつながっている事に気が付きました。

(わりと干潮だったからかも・・)

ヤジリ浜からずーとタナカ浜の方に向かって歩いて行きます。

どの辺からタナカ浜かわからなかったのですが、とりあえず結構歩いたので、元いたヤジリ浜の堤防の所まで戻ってきました。

ここからまた自転車に乗って、次を目指します。

次はトゥマイ浜に向かいます。

ヤジリ浜を出発して、林沿いの道路を自転車で南に走ります。

すると途中で、おおはしゃぎする人の声が聞こえました。

なんだろう?と思い自転車をおりて声のする方に行ってみました。

結構長い木のトンネルを潜り抜け、進んでみると・・

海に出ました。

そこではさっき一緒の船だった外国人のファミリーが、ビーチを独占して大はしゃぎしていました。

トゥマイ浜のもっと北側の場所です。

大きな岩があり、男の子が岩に上って飛び込んだり、とても楽しそうです。

ファミリーのお父さんが私に気付き、あいさつしてくれました。

ここもとても綺麗なビーチです。

少しだけビーチの写真を撮り、お邪魔しては悪いかなと思い引き上げました。

引き続きトゥマイ浜を目指して走ります。


 
トゥマイ浜にはすぐに着きました。

とても開けた眺望のビーチです。

対岸に見えるのは、沖縄本島ですね。

沖縄市のあたりだと思います。

トゥマイ浜は津堅島ビーチとも言います。

夏は観光客が来ますが、それほど混雑はしないようです。

トイレや有料ですがシャワー、ロッカーもあり、日帰りでも楽しめます。

津堅島のビーチは、どこも水が透明で、眺望も最高です!

この季節だと他の観光客はいないので、それを独り占めです。

さあ後は展望台、クボウグスクとその植物群生、ホートゥガーを回って集落にある港に帰ります。

来た道を戻ろうと思っていたのですが、その手前の所に細い遊歩道みたいな道があります。

ここからクボウグスクまで行けるみたいだ。

来た道まで戻るには、坂をだいぶ上らないと行けないという事もあり、その道を自転車で進んでいったのですが、これが大失敗でした。

確かにクボウグスクまで続いていたのですが、自転車ではとうてい無理な道でした。

階段や、木の根っこが障害となり、何回も自転車を持ち上げて進むことになりました。

クボウグスクとはかつては拝所だった所のようですが、今は植物に支配され、わずかに石垣が残っているだけのようです。

クボウグスクを上に上がる階段があり、そこを登っていくと(自転車をかついで)キャロットアイランド展望台がありました。

この展望台、高さもあまりないし、眺望はあまり期待していなかったのですが、なかなか良い眺めでした。

帰りのフェリーまでまだ時間があったので、ホートゥガーに行けない事はなかったのでが、自転車を担いで階段を上ってきたので、へとへとに疲れてしまい、もういいやという気持ちになってしまい行くのを止めました。

ホートゥガーは今度の津堅で行く事にします。

展望台は誰もいないし日かげなので、ここで少し休み港まで戻ります。

途中でみかけた学校です。

離島によくある、幼稚園、小学校、中学校が一体となった学校のようです。

広くて立派な建物で羨ましいです。

15:00発のフェリーで島を後にします。

それにしても自転車を持ち上げて階段上るのはきつかった・・・

ブログランキング参加しました。応援よろしくお願いします!
(バナーをポチっとクリックしていただければ結構です。)
 にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

津堅島

Posted by heepkun